税金
住宅ローン減税
「適用年・税額控除率」「最大控除率」は入居年によって変わります。
住宅ローン減税は、運用期限を平成29年12月31日まで延長。控除期間は10年。一般住宅では最大400万円、長期優良住宅は500万円となっています。また、これまでは、国税・所得税が減額対象でしたが、新たに地方税の個人住民税も減額の対象になります。


一般住宅(住宅、プレハブ、鉄骨造、鉄筋コンクリート造)
[入居開始年]
(対象ローン残高)
[控除期間]   (万円) [最大控除額]
平成24年度
3,000万円まで
1年目〜10年目 1.0%
30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 300万円
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
平成25年度
2,000万円まで
1年目〜10年目 1.0%
20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 200万円
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
平成26年4日〜平成29年12月31日まで
4,000万円まで
1年目〜10年目 1.0%
40 40 40 40 40 40 40 40 40 40 400万円
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
(注)上記の控除限度額は、 住宅の取得等が特定取得に該当する場合であり、
それ以外の場合の控除限度額は20万円である。
長期優良住宅(耐久性、耐震性、可変性、維持保全の容易性を備えた超長期住宅)
(万円) [最大控除額]
平成24年度
3,000万円まで
1年目〜10年目 1.0%
30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 300万円
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
平成25年4月〜平成29年12月31日まで
5,000万円まで
1年目〜10年目 1.0%
50 50 50 50 50 50 50 50 50 50 500万円
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
(注)上記の控除限度額は、住宅の取得等が特定取得に該当する場合であり、
それ以外の場合の控除限度額は30万円である。

戻る